妊娠中は貧血になりやすいから葉酸を積極的に

妊娠中は貧血になりやすいから葉酸を積極的に

最近になって日本でも「妊娠中は葉酸を取ること」が推奨されるようになりました。

 

でも、葉酸ってあまり聞き覚えがない栄養素ですよね。妊娠を意識する前や実際妊娠するまで知らなかった人もいるかもしれません。

 

葉酸はビタミンBの一種で、細胞分裂やDNAの構築に欠かせない重要な栄養素です。そのため、赤ちゃんの体を作る妊娠初期には特に重要視されます。
また、葉酸には赤血球を作る働きもあります。妊娠中は貧血になりやすいものです。そのため、葉酸を積極的に取ることが推奨されるのです。

 

参考サイト:ベルタ葉酸

 

同じく、貧血対策として重要なのが鉄分です。妊娠中の貧血は鉄欠乏性貧血がほとんどだと言われています。胎盤を通して赤ちゃんへ血液を送る必要があり、赤ちゃんに鉄を取られてしまうために不足しがちなのです。葉酸や鉄分を多く摂取するには、緑黄色野菜を積極的に食事に取り入れていきましょう。ほうれん草やブロッコリーが有名ですが、つわりなどで食事が取れないこともあるのでサプリメントを使うのもオススメです。

 

そのほか、妊娠中に必須な栄養素にはカルシウムがあります。骨や歯を形成するために必要な栄養素ですから、赤ちゃんが体を作るために必須だといえます。そのため、妊娠中は赤ちゃんにカルシウムを取られ、妊婦さんの体に必要な分を確保できないこともあります。また、カルシウムを体に取り込むには女性ホルモンの働きも重要なのですが、妊娠中や産後はホルモンのバランスも通常の状態とは違います。特に、妊娠中にカルシウムの摂取量が少ないと、産後に骨粗しょう症になることがあります。

 

カルシウムは乳製品はもちろん、小魚や大豆製品にも多く含まれます。納豆には葉酸も含まれているので、オススメです。また、ヨーグルトは整腸作用があるので、妊娠して便秘気味という人にオススメします。

 

このほかにも、赤ちゃんの筋肉や皮膚を作り、妊婦さんの髪や爪を保つためのタンパク質や、妊娠中毒症を予防するビタミンB6といった栄養素も大切です。

 

大事なのは各種の栄養素をバランス良く摂取することです。でも、そればかりを気にしてストレスを溜めてしまうのはよくありません。サプリメントなどで上手に補いながら、食事でストレスを溜めないようにしましょう。